2014年11月08日

番外編 開発方法

今日も番外編です。 番外編どころかメインコンテンツになりかけてますが(笑)


さて、乳首の開発方法ですが、個人的な経験談を書いておこうと思います。
全員に効果があるとは言えませんが、結構効果的だと思います。


まず、乳首が開発される前は、彼女に乳首を舐められても“くすぐったい”(性的興奮無し)だけで、むしろ興醒めする感じでした。 内心、『乳首よりも早くアソコを舐めてくれ…』って思ったものです。


転機は回春マッサージを受けたところから始まります。


初めてのとき、終盤、手こきで焦らされながら乳首を舐められました。 その時もくすぐったいだけでしたが、興醒めするほどではありませんでした。
いつもなら、「くすぐったいから止めて」と彼女に言うのですが、マッサージのサービスを受けてる途中だし、止めてと言えないチキンな俺・・・ (まあ、結果的にチキンが功を奏したんだが)

そのうち、私はイキそうになり、それを感じたお姉さんの手こきのスピードが上がります。

そしてイク直前、まさに男が一番気持ちいいその瞬間、お姉さんが俺の乳首を攻めたんです。


はぅexclamation&question



この時は、よくわからないまま果ててしまった感じでした。

でも、今までに無い感覚だったので後日またお願いし、同じお姉さんが来てくれました。


前回と同じように、終盤になり乳首を軽く舐められると・・・


exclamation&question

気持ちいい・・・あせあせ(飛び散る汗)

まだくすぐったい感じは残りますが、興醒めなんかしない、むしろ興奮する感覚です。

そんなこんなんで、またイクちょっと前から乳首を攻められ、我慢できずに果ててしまいました(笑)


後日、そのお姉さんを指名して三度お願いしました。
お姉さんには、『貴女のおかげで乳首が開発されたかもしれない。今日は多めに攻めてほしい』とお願いしました。

お姉さんはリクエスト通り乳首を丹念に攻めてくれて、それ以後、彼女が舐めてくれても気持ちよくなるようになりました。

私の場合、この3回で開発されたことになります。


ポイントは くすぐったい と イク直前 の2つです。

くすぐったいと性的興奮は紙一重です。
イク直前のような性的興奮度が最高潮の時にくすぐったい部分を同時に刺激すると、脳が勘違いを起こすようになります。

実際は性器でオーガズムを感じているにもかかわらず、乳首でオーガズムを感じたように錯覚するのです。
そのため、それ以降乳首を刺激すると性的興奮を誘発します。

これは男女問いません。 乳首だけでなく、女性の中イキにも応用できます。

女性でクリならイケるけど中イキができない方って結構いますよね。
例えば、彼の指を膣に入れたままクリを刺激します。 イキそうになったら彼に合図を送り、彼は子宮を揺らすイメージで指を動かします。
すると、脳はクリでイッてるにもかかわらず中イキしたと錯覚します。

これを繰り返すと、子宮が揺れることでオーガズムを誘発してくれます。 一度中イキを覚えると、どんどん深くイケるようになってきます。

中イキだけでなく、性感帯を開発するときはこの方法が効果的だと思います。


私はいずれ、足裏をくすぐるだけでイッてしまうように調教したいと思います。
その様子はいつか撮って売りますね。(笑)
ラベル:チクニー 開発
posted by K.ワトソン at 02:03| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。